ゴッホ展

昨日、六本木にある

新国立美術館にて「ゴッホ展」(こうして私はゴッホになった)

を観てきました。

とってもいい天気で気持ちよかったです

Dvc00244

ゴッホは、37歳の若さで亡くなり

今年は没後120周年とのことです。

今回、とっても私の目を引いたのは

「アルルの寝室」の絵です。

ゴーギャンと共同生活をしていたときの部屋で、

実際の部屋も再現されていました。

今回は、ゴッホの絵の成長過程が見られて

とても面白かったです

12月20日まで開催

Dvc00245

オルセー美術館展

オルセー美術館展2010「ポスト印象派」を見に

新国立美術館へ先日(9日)行ってきました

これだけの素晴らしい作品が来るのは

二度とないということだったので

長蛇の行列(70分待ち)にもめげずに

観てきました

過去にも「オルセー美術館展」に行ったときより

倍の点数115点の絵画が展示され、

更に60点の日本初出展作品が展示されています。

たしかに、いつもよりすごい量で

見ごたえたっぷりでした

その中でも、とっても印象に残っていた絵は、

ドガの「階段を上がる踊り子」と

モネの「日傘の女性」です。

特にこのモネの絵は、色彩が柔らかで

とっても癒されました

めちゃくちゃ混んだ会場でしたが、

なんとか約1時間くらいかけて

観賞できました

東京は、16日で終了です

ボストン美術館展

6/3(木)に、

六本木ヒルズ内の

「森アーツセンターギャラリー」にて開催中の

ボストン美術館展」(西洋絵画の巨匠達)に行ってきました。

初めて訪れる美術館で、どこにあるのかと思ったら

六本木ヒルズ・森タワー内の

エレベーターで52階も上がったのでびっくりしました

そんな高い場所にある美術館て他にはないのでは

いつものごとく、音声ガイドを500円にて借り、

ゆっくりと聞きながら、鑑賞してきました

素晴らしい作品が沢山飾ってあり、

20万人以上の人たちが来館されているのがわかります

16~20世紀の巨匠47人の名画80展が展示されています

アメリカのボストンに、

こんなに沢山の名画が展示されているのにビックリ

(詳しく知りたい方は、上の色文字をクリックしてください)

特に、風景画のモネが印象的でした。

夜明けの景色、日没の景色の色使いが魅了されました

Boston

ボルゲーゼ美術館展

9日(火)に、上野・東京都美術館にて

見に行ってきました。

ちょうど20度あった日です

いきなり外はポカポカ陽気でびっくりしました

今年初の美術館巡りは、

イタリアの貴族・ボルゲーゼ家所有の美術品が

展示されています。

ボルゲーゼ美術館は、ローマのボルゲーゼ公園の1画にあり

真っ白な白亜の立派な建物の写真も飾ってありました。

ポスターにもなっている「一角獣を抱く貴婦人」(ラファエロ)

が目玉展示品でしたが…

今回が、ボルゲーゼ美術館初の日本展示ということです。

なので、余計に気合いを入れて見て来ました

展示品の多くが宗教画です。

ちょっと暗い感じの色彩が多く、重厚な感じでした。

2時間近く見ていたので

とっても疲れました

疲れたので、

上野の「みはし」で白玉あんみつを食べて帰りました

…といいながら、銀座まで歩いてしまいました

2日連続銀座へ行ってしまいました

ハプスブルグ展

昨日、六本木にある新国立美術館で

ハプスブルグ展」(THE ハプスブルグ)を

観てきました

お昼前に待ち合わせをして

ミッドタウンにてランチ

「平田牧場」に入りました。

注文は「メンチカツ定食」

ジューシーでふんわりとして美味しかったです

Lunch

いよいよメインの美術館です。

ミッドタウンから徒歩数分。

Habsburg

上記の絵は、左から

ベラスケスの「白衣の王女マルガリータ・テレサ」と

弟の「皇太子フェリペ・プロスペロ」

2人とも短命だったそうです…(血族間結婚が多かったため)

それにしても、ウィーンのハプスブルグ家の一族には

マリア・テレジア、マリー・アントワネットなどなど

以前みたルーブル美術館展にもゆかりのある王家です

何しろ、600年以上もヨーロッパに君臨したハプスブルグ家の王達。

コレクションも沢山あります

その一部が展示されている今回の展覧会は素晴らしかったです

いつもながらオーディオをレンタルして、

説明を聞きながらの鑑賞です。

平日でしたが、人気のある展覧会だけあって

少し混雑していましたが、入るのはスムーズでした

上野の美術館のように、階段を上ったり下りたりがなく、

結構見やすい美術館だと思います

12/14(月)まで開催です。

Sinkokuritu

中央が入り口です

ゴーギャン展

昨日8/28、東京・竹橋にある国立近代美術館にて

「ゴーギャン展」を観てきました

Gauguin

ゴーギャンといえばタヒチ

今回も、音声機器を借りて観て行きました

ゴーギャンの絵に必ず出てくる象徴の意味。

犬(ゴーギャン本人)、赤ちゃん(自分の子供、生命)、

両足を曲げてかがんで座っている人(死)

タヒチの女性が果物を採っている絵(禁断のリンゴを取るエヴァ)

赤い羽根をつけたトカゲ(アダムとエヴァに出てくるヘビ)

石像ヒナ(タヒチの神様)

うろ覚えですが、これらを頭に入れて絵を観ていくと

なるほどと更に興味深く観れます

そして、今回の超目玉最高傑作

「我々はどこから来たのか 我々は何者か           

    我々はどこへ行くのか」

この絵は、上記の写真(見ずらいですが…)の絵です。

(興味ある方はこちらへ。)

夏らしいカラッとした天気と「ゴーギャン展」が

私的にとってもマッチして、とっても楽しかったです

この後、無料シャトルバスで東京駅まで戻り、

新橋にある「浜離宮恩寵公園」に行ってきました

この続きはまた後日

ルーブル美術館

今日は、上野の国立西洋美術館に行ってきました

090602_152221_ed1_3

最終日が6/14。

80分待ちで入れました

炎天下の下での長い列。

晴天の下での待ちはかなり疲れました

500円で説明のヘッドフォンを借りて展示室へ。

声は、俳優の中尾彬さんでした。

全部で20枚分の説明がありました。

説明器具を借りたのは初めてでしたが

借りて正解

去年「フェルメール展」を観に行った時なかった

「レースを編む女」が展示されていましたが…

小さくてびっくり

ルーブル展の詳しい案内はこちらへ

長い待ち時間はあったものの、

中に入ると案外ゆっくり観れました

今日のランチは

赤坂の「武蔵」というお店で

ブタのしゃぶしゃぶランチ(1000円)を食べました。

ブタ肉が沢山。しかもお肉の質が

千切り山盛りキャベツがついて

最初に半分位なべに入れ、次に肉をしゃぶしゃぶ

キャベツも肉も絶品で、しかも安い

ご飯のお替りも自由とのこと。

美術館の帰りは

上野松坂屋の南館1Fの「HARBS」にて。

090602_1557061 空いていたので

ゆっくり長居してしまいました

もうじき梅雨

今日の休みはお天気に恵まれて

最高でした

昨日の「神戸」からの続き「京都」は後日に

「京都」では新しい発見が沢山(ほぼ食べ物)

京都大好き

フェルメール展

東京都美術館(上野)に行ってきました

Photo 「光の天才画家とデルフトの巨匠たち」

この「デルフト」とは、オランダの小都市の名前で、

フェルメールの生まれた場所だそうです。

生涯を通じて、30数点しか作品を描かなかったそうです。

フェルメールの絵は、「青いターバン~」が有名で映画にもなっていましたが、

今回は来てませんでした。

先日見たピカソとは全く異なる絵でした。

とにかく、今一番人気の展覧会だけあって、

平日なのに人・人・人で、特にフェルメールのコーナーでは、

ゆっくり見れませんでしたが、フェルメールの絵に関しては、

反対側に、何分割化にコピーされた絵があり、それぞれ詳しく説明書きが

されていたので、すごく分かりやすかったですナイス・アイディア

今日は9月の陽気とかで半そででもいいくらいでした

美術館めぐり後の行動は、

また翌日に続く

ピカソ展

国立新美術館にて開催中の、

「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」

愛というだけあって、ピカソの愛した人々の絵が

沢山展示されてました

ピカソのキュービズムの絵は、わかりにくいと思っていたけれど、

今回、少しだけ何を表現しているのか分かったような気がしました

…といっても、あまりにも奥が深すぎて、全然分からないものもありましたが

皆さん、いろいろな角度から、ジーッと観ている方が多かったです。

確かに、分かろうとするためには、穴の空くほど見入ってしまいますが

それにしても、91歳まで生きたピカソ(1881~1973)

芸術家は、破天荒で寿命が短いっていうイメージがありますが、

ピカソは家族もちゃんといて、(何度か破局もあり、子供も4人いる。)

最終的には幸せな生涯だったんでしょうね…

なんてことまで想像してしまうくらい、晩年の作品まで展示してありました。

近くの「サントリー美術館」でも、

「巨匠ピカソ 魂のポートレート」を同時開催中(火曜休館)

The_national_art_center 国立新美術館の外観です

見晴らしも良く、近くに「六本木ミッドタウン」があります。

遠めに、「六本木ヒルズ」も見えます。

素敵な美術館でした

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

オススメ

  • UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)

オンラインストア

  • イマージュネット

ベスト・セラー

国別カウンター

  • free counters

リンクシェア

  • アフィリエイトならリンクシェア
無料ブログはココログ